遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸治療

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 12日

キムチを漬ける

キムチにまつわる朝鮮の統一。


a0157309_04024996.jpeg
これがキムチの素。これを下漬けした白菜に塗りたくるのだけど、この作業をするときはいつも思い出すことがある。


1970年代の終わりごろ、住んでいたアパートの階下から「えんどーさぁーん」と、聞き覚えのある声がした。降りていくと階下の住人のところに、朝鮮女性同盟の金さんと辛さんがいて、今からキムチを漬けるから、何か入れ物持って来なさいよと言われた。


朝鮮女性同盟は朝鮮民主主義人民共和国の在日組織である朝鮮総連の女性組織で、当時、私は「日朝女性の集い」というのを彼女たちと共催していた。映画界や講演会、街頭でのビラ配り、時には金日成の著書の読書会にもつきあった。日常的にも、結構仲良くしていた。


階下の一家は、読売新聞の販売店をやっていると聞いていたが、あるとき我が家の郵便受けに間違って入れられた郵便物で、民団系の、つまり、韓国の在日組織の商工会の人だということが分かっていた。毎晩、その家の高校生が韓国語の勉強で、音読をしている声が聞こえていた。


だから、女性同盟の中心的活動家が階下にいることに、最初かなり驚いた。


総連と民団、休戦状態にある相反する政治体制の国の在外公民同士。少なくとも、私はそう認識していた。


しかし、彼らはこともなげに、親しそうであった。表向きはそうかもしれないが、実際はこんな風に日常的に親しく付き合っているんだと知らされた。


彼女たちは今どうしているかなぁ。

当時、「조선은 하나 다」 というチラシを作って、一緒に駅頭で配ったりしたけど、この間の朝鮮半島での出来事を、どんな風に受け止めているのか、きっと、感動しているだろうと、思う。

一方、当時では考えられないようなヘイトデモが公然と行なわれ、ファシズムまっしぐらの政府を変えることができない私たち日本人。彼女たちに合わせる顔がない。





by HomeMacro | 2019-02-12 04:03 | 反戦・平和・自由


     人の弱みにつけ込む汚い国、ニッポン。 >>