遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸治療

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 28日

沖縄も秋かなぁ。

県産野菜がなくても、あるものだけで……。
 
 もう9月も終ります。私の1年も、終りです。
 また一つ年をとります。
 沖縄に来て3年半、身体の細胞が、沖縄に適用しつつあります。
 今日は涼しいなと、寒暖計を見ると29℃だったりするのですが、東京にいたころは、29℃なんてまだ暑くて、暑くてだったはず。
 それが、30℃を切ると、涼しく感じるのです。それでも、今のところまだ蒸し蒸しなので、部屋の中ではタンクトップですけどね。
 
 反対に、冬になって20℃を切ると寒いのです。この前の冬にfacebookに、17℃で寒いと投稿したら「遠藤さん、それは暖かいと言うのです」とコメントがきました。沖縄に住みはじめたばかりのころは、20℃を切るとみんなが「寒いねぇー」というので、とっても驚いたのだけれども、この前の冬にはすでに私も寒くなっていました。
 でも、寒いと言っても、手袋や耳当てはいらないです。玄米を洗う時も、東京ではあまりに水が冷たいので「うー、冷たい!」なんて叫んでいましたけど、沖縄ではそんなことはありません。

 こんなふうに、地域によって気候が違えば、身体の反応も違うわけだから、当然食べ物も違ってくるのがあたりまえ。「身土不二」とはよく言ったものです。
 その意味で、沖縄でのマクロビオティックは、まだまだ研究しなければなならいと、痛感しています。
 県産野菜も、本土とは違うし……。

 この時期、まあ全国的に端境期でしょうけれども、沖縄では県産野菜があまりありません。
 かろうじて、手に入った島牛蒡と島豆腐を炒めました。
 ささがきにしてよく炒めた牛蒡と崩しながら炒めた島豆腐、醤油を回しかけて味をつけるだけです。牛蒡をよーく炒めることが、秘括かな。

a0157309_02565346.jpg

 


by HomeMacro | 2016-09-28 03:06 | マクロビオティックや食べ物のこと


<< ストレス……、ストレス……、あ...      モロヘイヤヌードル >>