遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸治療

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 09日

OGオリーブオイル「オルチョサンニータ」ツアー⑶

ちょっとだけ、ローマ観光!

昨夕、ローマ空港に着いたときは小雨が降っていたので、ザ・ピーナッツという双子のデュオが歌った「ローマの雨」のフレーズが、頭の中をぐるぐるしていたけれども、明けて27日は、よく晴れていた。

朝食は7時からだけれども、7時30分にはバスに乗り込まなければならない。慌ただしい朝食となった。
しっかし、西洋人ってえのは、なんで朝からあんなに甘いもんを食べるのかねぇ。砂糖たっぷりのデニッシュ、バターたっぷりの薄甘クロワッサン、何種類ものジャム……。ハムとチーズはたっぷりあるのに、なぜか朝食には、野菜がない。
で、私は、甘くなさそうなパンをチョイス、持参のブラックジンガーと1個だけ残っていた玄米おにぎりで、朝食。私は甘くない美味しいパンさえあれば、OKなんだ。

今日は、欲張りにも、ローマ市内を観光し、市場を見学し、遠く離れたペンネまで移動する予定だ。チャーターされていたバスは、ベンツ。ドライバーはコンスタンティーノさん。とっても親切で、かっこいいおじさん。これがどんなにラッキーなことだったかは、日を追うごとに分かっていく。
a0157309_1165476.jpg
いわゆる観光旅行ではない私たちのツアーだけれども、ローマに来たからにはトレビの泉には行かなけりゃ。なせならば、再び訪れることができるように、コインを投げてこなくてはならないから……。1994年3月にちらりとここへ来たときも、コインを投げたのでした。
a0157309_14206.jpg
▲トレビの泉の泉さん。泉を背にして右手にコインを持って、左の肩越しに投げるという不思議な「作法」のため、こんなアクションに。
以前来たときに比べて、ともかく人が少ない。朝も早かったのだけれども、朝倉玲子さんによれば、「あれほど、どこへ行ってもうじゃうじゃいた日本人観光客は、一体どこへ行ったの?」というのが、最近のローマの様子らしい。

ヨーロッパの町を歩くと、ショーウインドウを撮影ぜずにはいられない。
a0157309_1505351.jpg
▲トレビの泉近くの食料品店
a0157309_224434.jpg
▲トレビの泉に向かって右手にある鞄と履き物の店。ただブーツなのに……。
a0157309_224811.jpg
▲これもただ並べれば、つっかけ!
a0157309_210343.jpg
▲徒歩で移動中に出会ったウインドウ。店が閉まっていても、楽しめる。
a0157309_282222.jpg
▲手袋専門店。
イタリアはなんたってデザインの国。ショーウインドウだけでなく、おしゃれがいっぱい。
a0157309_221612.jpg
▲この手のひらを広げたようなマークは、ローマ市清掃会社 AMAのロゴマーク。
a0157309_223014.jpg
▲このさりげないけど、おしゃれなデザインのダストボックスにも、同じロゴがありました。

by HomeMacro | 2012-11-09 02:50 | マクロビオティックや食べ物のこと


<< OGオリーブオイル「オルチョサ...      OGオリーブオイル「オルチョサ... >>