遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸治療

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 03日

福島原子力発電所の事故(3)

原発事故を抜きにした日々を、語れない……。

 4月になって、この緑の少ない東京の街でも、芽吹や咲き始めた花を見ることが出来る。しかし……、それらすべてが今や、目に見えない放射能によって汚染されつつあるかも知れなと、思わざるを得ない。
 いくども言っているのだけれども、津波の被害はほんとうにひどいもので、復興どころか、いまだその全容も明らかでない。それでもなお、津波被害だけだったら、時間はかかっても、復興できる。放射の汚染の恐怖がなければ……。
 
 チェルノブイリの周辺だって、春になれば花が咲いていると伝えられている、でも、そこに人は住むことは出来ない。
a0157309_17404378.jpg
▲この月桂樹は、1メートルほどの鉢植えを買ってきて、自分で家の前に植えた。現在、2階建てをはるかに超えている。月桂樹としては、とても大きな花が咲くので、通りがかりの人が、写真を撮っていったりもする。
 満開になったら、またアップします。

by HomeMacro | 2011-04-03 17:43 | ロンドンー東京ー沖縄ー台湾 歳時記


<< 東京都知事選      福島原子力発電所事故(2) >>