遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸治療

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 01日

ロンドンの水道水。

塩素が入っていなということかしら?

 だいぶ前に、mixiのロンドン生活に関するコミュニティーで、ロンドンの水道水が飲めるか否かという話がありましたが、とりあえず、味はともかく、飲んでも大丈夫というのが、だいたいの結論でした。私は、料理用には、ペットボトルの水を買ってきて使っていました。でも、野菜を洗ったり、茹でたりするときは、大量に必要なので、水道水を使うこともありました。
 お米をとぐときも、いちばん最初と最後は、ペットボトルの水でしたが、途中、何度も水を取り替えるので、その時は水道水を使っていました。

 そのmixiの話題の時、スチームアイロンはどうかという質問もあり、石灰分が多いので、白い粉がアイロンから出続けるけど、別に大丈夫ですということでした。たしかに普通に沸かしたら、やかんや鍋の側面は白くなります。ちなみに、沖縄県宮古島の水も、同じでした。

 私は、500㎖の水の空ボトルに水道水を入れて、それを3個〜4個つないで、ブックエンドとして使っていたのですが、数か月たつと、ペットボトルの底に緑色のものが育ってきました。
 また、スチームアイロンを使うときは、なくなったときの補給用に、ペットボトルに水を入れて使っていたのですが、昨年の夏から4か月間、日本に帰国し、12月にロンドンに戻ったときにも、少し残っていた水の底が緑色になっていました。
a0157309_5383465.jpg
▲窓辺に置いてあったものは、とりわけ緑色がたくさん……。塩素が入っている水道水でも、お日様の光で光合成するものが入っているのかしら?

by HomeMacro | 2011-02-01 05:48 | ロンドンー東京ー沖縄ー台湾 歳時記


<< 盟友の死      万華鏡 >>