遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸治療

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 31日

韓国の食堂

野菜がうれしい、韓国での外食。
 
 5月中旬、朝鮮半島の南西部にある光州に行ってきました。
 5月18日、彼の地では「オーイルパル」といって、韓国民主化闘争の重要な出来事があったメモリアルデーとなっています。詳しいことは、「反戦・平和・自由」カテゴリーの方に、ありますが、ここでは、韓国での食べ物について、触れたいと思います。
 
 韓国の食堂は、たいていは並びきれないほどの小皿料理が出てきます。そのほとんどが野菜を中心にした和え物なので、もうそれだけで満足です。
 光州の友人たちが、いろいろな店に連れて行ってくれました。
a0157309_3485062.jpg
▲あらかじめ、青菜が各テーブルにセッティングされていました。これってとってもうれしい。さまざまな和え物や漬物を、この青菜にくるんで頂きます。なくなったらもちろん追加してくれます。
a0157309_3505019.jpg
▲こちらの小皿料理も、なくなると追加してくれます。さまざまな野菜はもちろん、山菜や海草なども豊富に使われています。左の方に写っている白い液体は「マッコリ」です。これがまたおいしいの。とろっとしたご飯のお酒って感じですよ。マッコリって、それだけでお腹いっぱいになってしまいそうです。
a0157309_3531563.jpg
▲どの店の定食でも、ご飯は雑穀入りです。雑穀がこの国では特別なものでないことがよく分かります。
a0157309_3554384.jpg
▲これは魚の鍋です。見かけほどには辛くないし、この野菜の入り方もすごいでしょう。
a0157309_3581537.jpg
▲ある店の入り口に貼ってあったポスターです。野菜がうれしい韓国の食堂ならではです。このポスターを、パートナーが店の人に交渉していただいてくれました。私の店、自然食品の店「あらいぐま」に、貼るつもりです。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

by HomeMacro | 2010-05-31 04:01 | マクロビオティックや食べ物のこと


<< ツツジの季節      売れてしまった! >>