遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸治療

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 29日

さわやか……。

2週間ぶりのロンドン。


 イギリスの一年のうちでもっとも気持ちのよい季節。私がはじめてこの国を訪れたのも、この季節でした。もう午後9時近くにならないと、空は完全に暗くはなりません。
 気温は、日本と比べるとむしろ低いくらいなのに、日差しが暖かく、人びとはすでに夏のいでたちです。
 ヒースロー空港から住まいに戻ってくる途中、地下鉄を降りてバスを待っているとき、とてもさわやかさを感じました。ロンドンの中心部に近い地下鉄の駅ですが、やはり、緑が多いからでしょうか。
 家の近所も、どこもかしこも、新芽がだんだん大きくなり、鮮やかな緑で覆われています。朝夕には、実に様々な小鳥のさえずりが聞こえ、つい仕事の手を休めて、聞き惚れてしまいます。
 この大都市は、どうやってこの緑を残すことが出来たのでしょう。多少ゴミが散らかっていても、渋滞がひどくても、緑の力にはかなわないようです。
 
a0157309_514562.jpg
▲今、タンポポの季節。そこら中に咲いています。
a0157309_5192027.jpg
▲緑も、草花も……。しかも、手入れをしていますというより、とっても自然体で存在しているっていう感じが、なかなかすてきです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

by HomeMacro | 2010-04-29 05:23 | ロンドンー東京ー沖縄ー台湾 歳時記


<< JALの機内食      ファッションの注目地点、ロンドン。 >>