遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸の道

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 28日

沖縄も秋かなぁ。

県産野菜がなくても、あるものだけで……。
 
 もう9月も終ります。私の1年も、終りです。
 また一つ年をとります。
 沖縄に来て3年半、身体の細胞が、沖縄に適用しつつあります。
 今日は涼しいなと、寒暖計を見ると29℃だったりするのですが、東京にいたころは、29℃なんてまだ暑くて、暑くてだったはず。
 それが、30℃を切ると、涼しく感じるのです。それでも、今のところまだ蒸し蒸しなので、部屋の中ではタンクトップですけどね。
 
 反対に、冬になって20℃を切ると寒いのです。この前の冬にfacebookに、17℃で寒いと投稿したら「遠藤さん、それは暖かいと言うのです」とコメントがきました。沖縄に住みはじめたばかりのころは、20℃を切るとみんなが「寒いねぇー」というので、とっても驚いたのだけれども、この前の冬にはすでに私も寒くなっていました。
 でも、寒いと言っても、手袋や耳当てはいらないです。玄米を洗う時も、東京ではあまりに水が冷たいので「うー、冷たい!」なんて叫んでいましたけど、沖縄ではそんなことはありません。

 こんなふうに、地域によって気候が違えば、身体の反応も違うわけだから、当然食べ物も違ってくるのがあたりまえ。「身土不二」とはよく言ったものです。
 その意味で、沖縄でのマクロビオティックは、まだまだ研究しなければなならいと、痛感しています。
 県産野菜も、本土とは違うし……。

 この時期、まあ全国的に端境期でしょうけれども、沖縄では県産野菜があまりありません。
 かろうじて、手に入った島牛蒡と島豆腐を炒めました。
 ささがきにしてよく炒めた牛蒡と崩しながら炒めた島豆腐、醤油を回しかけて味をつけるだけです。牛蒡をよーく炒めることが、秘括かな。

a0157309_02565346.jpg

 


by HomeMacro | 2016-09-28 03:06 | マクロビオティックや食べ物のこと
2016年 09月 18日

モロヘイヤヌードル

忙しいときは、こんなものも……。

 普段インスタント食品は、ほとんど食べないのだけれども、冷蔵庫(野菜室)が空っぽで、玄米も炊いていないなんて時もあります。
そんなときに私が使う数少ないインスタント食品の一つが、「モロヘイヤヌードル」です。食品と石けんの店「あらいぐま」で販売しているものですが、モロヘイヤを練り込んだインスタント麺ですが、汁はついていません。忙しくて出しも取っていなかったときは、これを炒めそばにして食べます。
 出しがあるときは、ラーメンスープを自分で作りますが、そうするとよく分かることがあります。ラーメンのスープって、相当量の塩を入れないと、ラーメンらしくならないのです。だから、ラーメンばかり食べていると、身体にたいへんな負担がかかるっていうことですね。
 炒めそばの場合は、インスタント麺なので、3分ほど茹でたらザルにあげ、よーく湯をきって、野菜などを炒めておいたフライパンに入れて、軽く混ぜながら塩・胡椒で味をつけます。
a0157309_21023378.jpg
ともかく冷蔵庫には、ミニトマトしかなかったので、こんな感じです。でも、とっても美味しかったですよ。



by HomeMacro | 2016-09-18 21:25 | マクロビオティックや食べ物のこと
2016年 09月 16日

クミスクチン

沖縄三大薬草!

 ひょんなことから、「クミスクチン茶」というのが、とっても体にいいらしいという情報があって、いろいろ調べてみたら、「ウコン・グァバ・クミスクチン」が、沖縄の三大薬草と言われるものだということが分かりました。薬草といえば、沖縄長生薬草でしょってなわけで、問い合わせると、ありました「クミスクチン茶」。

 私は夜になると両足がむくみぎみで、酷い時は、指がめり込むこともあるので、何とかしたいと、鍼灸はもちろんやるのですが、毎日何杯ものお茶を飲むので、それがよければもっといいと思って、探していました。さっそく、南城市にある沖縄長生薬草本社にうかがって、クミスクチンの畑を見せていただきました。残念ながらちょうど収穫した後だったので、猫のヒゲと言われる花もありませんでしたけれど。そのかわりウコンの花が咲いていました。全然イメージとは違うきれいな花でした。
 
 ちょうど、クミスクチンのことを知ったころ、尊敬する桑江常光さん、桑江テル子さんご夫婦からのお誘いで、劇団「創造」のというウチナーグチ芝居(舞台の両袖にいわゆる標準語訳がでます)を観ました。桑江さんたちは、この劇団の創立メンバーで、ウチナーグチの先生でもあります。この芝居は、沖縄の人びとが生きてきた戦中・戦後のさまざまな出来事を、5人のおじさんたちのすったもんだを通して、悲喜劇として表現したものと言えるでしょうか。
 その中の一つに、闘牛でいつも勝ってけっこう儲けたという話が出てきました。いつも勝っていたのは、牛の餌にさまざまな沖縄の薬草などを混ぜ込んだとのことで、途中でドーピング(!)にひっかっかって、出場停止となってしまったというエピソードがありました。どんなものを混ぜ込んだのかとの科白の中に、「クミスクチン」が出てきたので、なるほど三大薬草なんだと思った次第です。
a0157309_04080467.jpg
5人のタンメー(おじいさん)たちのすったもんだを通して、戦中・戦後の沖縄の暮らしを垣間見る。
a0157309_03580688.jpg
長生薬草本社の農場に咲くウコンの花。






by HomeMacro | 2016-09-16 04:16 | マクロビオティックや食べ物のこと
2016年 09月 14日

親子スキンタッチ教室

親と子のセルフケア

 学生時代から、ずーっと興味があった「スキンタッチ」を、ぜひ沖縄でやりたいと思い、昨年5月の連休に、「おぎゃっと21徳島」という子育て支援イベントで行なわれる「親子スキンタッチ教室」に、ボランティアとして参加してきました。
 そして、昨年、「沖縄スキンタッチ会」を結成。10月18日には、日本アロマコーディネーター協会主催の「いやしの祭典」が、沖縄産業支援センターで行なわれたので、そちらで「親子スキンタッチ教室」を出店しました。
さらに、今年の5月の連休中は、沖縄こどもの国の「ふるさと園」で、3日間にわたって「親子スキンタッチ教室」を開催させていただきました。
 
 「スキンタッチ」に使うものは、どこの家にもある「ティスプーン・歯ブラシ・ヘアードライヤー」です。保護者の方がお子さんに自分でやってあげらるので、覚えておくととてもいいと思います。基本的にボランティアとして、どこへでも教えに行きますので、覚えたい方は、ご遠慮なくお問い合わせください。
■098-989-5107 沖縄市「ビオ鍼灸治療院」
a0157309_04124960.jpg
スキンタッチについて詳しく知りたい方は、徳島鍼灸師会の大上勝行先生のこちらがおすすめです。

a0157309_03563611.jpg
沖縄市こどもの国「ふるさと園」での様子です。来年も、やりたいと思っています。


by HomeMacro | 2016-09-14 04:20 | 東洋医学・はり・きゅうのこと
2016年 09月 06日

鍼灸院の届出をしました。

ビオ鍼灸治療院

これが、沖縄市南桃原に開院した鍼灸治療院の名前です。
ビオは、マクロビオティックのビオ。
マクロ=大きな
ビオ=生命
ティック=術
というの3つの言葉をつないで作られた言葉がマクロビオティック。
そこから、その中心ともいえる「ビオ」をいただきました。

マクロビオティックは、東洋医学の基本的な考え方である陰陽調和が、基本です。

ビオ鍼灸治療院では、健康のあり方を、東洋医学の考え方に基づいて、皆さまにお伝えすると共に、不調を調える方法を、セルフケア教室として、開催していきたいと考えています。

一人でも多くの方が、本来、人が持っている自己治癒力を十分に発揮できるようなお手伝いをしてゆくのが、私の仕事です。
しばらくは、完全予約制で行なっていくことになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

a0157309_317515.jpg


by HomeMacro | 2016-09-06 03:22 | 東洋医学・はり・きゅうのこと