遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸の道

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 05日

パリのマクロビオティック

マクロビオティックの創始者が、世界への普及をめざした拠点 ーその2 ー

 パリのマクロビオティックカフェとしての老舗の店は、期待を裏切ったのだけれども、パリは、ほかにもいくつかの店があります。
 なかでも、かのジョージ・オーサワ(桜沢如一)氏を冠とした、いわば、パリのCI協会とも言えるところもあると聞いて行ってはみたのですが、残念ながら年末休暇に入っていました。
 ほかにもいくつか、マクロビオティック関係のお店がありましたが、いずれも残念なことに年末休暇に入っていました。日本の自然食品店も往々にそうなのですが、一般の店に比べて、営業時間が短かったり、不定期に休んでしまったり、夏休みや年末年始の休みが長かったりします。
 
 もし、マクロビアンがパリに行くとしたら、そのへんは事前に調べていく方がいいかもしれません。とにかく、現状では、パリのレストランには、ベジタリアン対応のメニューはほとんどないし、バターやミルクは、フランス料理には欠かせないものだからです。
a0157309_10469.jpg
▲カーテンの隙間からのぞいた感じでは、日本のごく普通の昔からある自然食品店という感じでした。「Ohsawa 」と表記があります。
a0157309_142719.jpg
▲やはりジョージ・オーサワの著書が並んでいました。
a0157309_3571550.jpg
▲隣には「ラルカンシェール」というなのマクロビオティック・レストランが、あります。日本語で「虹」という意味ですが、同じ名前の日本のバンドがありますね。それから、「アルカンシェール」と表記しているマクロビオティックの宿泊施設が、かつて、河口湖にありました。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

by Homemacro | 2010-02-05 01:44 | マクロビオティックや食べ物のこと


<< ブルーベリータルト      パリと言えば……。 >>