遠藤京子のマクロビオティックな鍼灸の道

homoemacro.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 10日

マクロビオティックの道は、細く長く……。

松本塾」第1期生として、師範科終了!

 リマ・クッキングスクール校長・松本光司先生率いる「松本塾」は、河口湖の湖畔にある施設で行なわれています。施設は、富士山がきれいに見えるのどかな里山にあります。その第1期生として20余名の上級クラスの一人として参加してきましたが、昨年上級も終わり、この秋には師範科を終了しました。
 「松本塾」は2泊3日で行なわれ、初日の夕食から3日目の昼食まで、作っては食べ、作っては食べの連続で過ごします。
 でも、ご安心を。玄米菜食なので、肥るなんてことはありません(笑い)。
 この1年間は、ロンドンと東京の往復でしたから、その合間を縫って、なんとか全プログラムに参加することが出来ました。
 ご一緒に参加された皆さん方は、それぞれの地域ですでに料理教室などを実践なさっている方々ばかりで、受講生の仲間からも、いろいろと教わるところがありました。たくさんの刺激を受けて、私もがんばろうなんていう雰囲気が出来上がったことも、成果の一つです。
 みなさん、ありがとうございました。
 
 リマ・クッキングスクール初級から始まった私のマクロビオティック修行も、リマの師範を終え、次にKI-IX(久司道夫先生監修プログラム)を修得するために、カノン・小林先生のところへ通い、師範科、さらにインストラクターコースも終了し、今回、松本塾も修了しました。
 
 それでも、料理というのは、やってもやっても、新しいものを生み出したくなるし、しかも、それは、形として残ることはなく、常に、皆さんがおいしいといって召し上がってくださって、消えていきます。どんなにきれいに盛り付けても、一瞬で消えてしまう、しかも、いくらきれいでも、美味しくなければ価値はない一方、美しく盛ることが、味に影響するのも事実です。

 そんな料理を、これからも試行錯誤していくつもりです。
 でも、まあ、これでひと区切り。
 来年からは、現在続けて来ている自分の教室を、もう少し充実して行なう予定です。

a0157309_2264394.jpg
▲蓮根をすり下ろして作る鰻もどき。なかなか美味しいです。カロリー過多にならないのが、いいですよ。
a0157309_2284137.jpg
▲大根を桂剥きして、油揚げと重ねて巻いていきます。桂剥きがうまくできないと、きれいにできません。
a0157309_2304164.jpg
▲蕎麦を茹でて、板麩で巻きます。これは、蕎麦ではなくて、黒米の入った細うどん。紫色なのできれいです。
a0157309_2322961.jpg
▲日本語・英語・フランス語で書かれた修了証。マクロビオティックのキーワードが、「自由」と「平和」であるということが、記されています。これは、私がもともと世界に対して持っていたテーマでもあるのです。
 

by HomeMacro | 2010-11-10 02:51 | マクロビオティックや食べ物のこと


<< 本物の菜種油      林試の森 >>